院内・設備紹介│長岡天神駅で歯科をお探しの方は戸渡歯科診療所まで

0120-418674

0120フリーダイヤル-418674   良い歯ムシなし 長岡天神駅から徒歩2分

診療時間 日/祝
9:00~11:30
14:00~19:00

…祝日のある週は木曜も17時まで診療
…土曜日午後は13:30~16:30

院内・設備紹介facility

院内紹介

受付

受付

スタッフが明るく笑顔でお迎えし、丁寧な対応を心がけております。 何か気になることやお困りのことがありましたら、気軽にお声がけください。

待合室

待合室

明るく清潔感のある空間づくりを心がけており、くつろいでお過ごしいただけます。

診療室

診療室

圧迫感や緊張感を感じないように広々としていますので、リラックスして治療を受けていただけます。

特診室

特診室

長時間の治療や手術の際は、完全個室の診療室にご案内しております。ゆったりとした空間でくつろぎながら治療を受けていただくことができます。

院内技工室

院内技工室

当院ではセラミストが在籍しております。質の高い補綴装置を作製します。

>>詳しくはこちら

消毒室

消毒室

院内感染防止のために消毒室を完備しています。それぞれの器具に適した滅菌器を揃え、すべての器具の消毒・滅菌作業を実施しています。

設備紹介

マイクロスコープ

マイクロスコープ

国内ではまだ導入率の低い、歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を導入しています。マイクロスコープを使用することで肉眼の最大20倍の倍率で、歯の状態をしっかり診ながら治療ができます。そのため精密な治療が可能になり、再治療のリスクを大幅に低減することが可能です。

セレック

セレック(CEREC)

歯の型どりから削り出しまでをすべてコンピューターで行えます。金属アレルギーなどないオールセラミック治療がコンピューターを使用することで、スピーディーにできます。

歯科用CT

歯科用CT(NAOMI-CT)

歯科用CTは立体映像でお口の中を撮影できるシステムです。インプラント、歯の根の治療、重度の歯周病などの診断に活用できます。当院のCTはデジタルを採用しており、従来と比べ約24分の1のX線量で撮影できます。それによって身体にやさしいCT検査ができます。

心電図モニター

心電図モニター

当院ではインプラントなどの手術の際に心電図モニターを使用しております。緊急時や災害時にはお貸しいたしますので、お申し付けください。

ホワイトニング照射器

ホワイトニング照射器(COSMO BLUE)

オフィスホワイトニングの際、専用の薬剤を塗った後に、ライトを照射して歯を白くしていきます。 LEDの光が安定したエネルギーを薬剤に与えて反応を促進させるため、従来のものとは違い、発熱によって歯がしみる心配はほとんどありません。 長時間の照射でも負担が少なく、リラックスしてホワイトニングを受けていただけます。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

治療中に飛び散った唾液や、歯や詰め物・かぶせ物などの修復物を削った粉塵などを瞬時に吸い込む機械です。 診療室内を清潔に保ち、院内感染のリスクを低減することができます。

エアフローPROPHY flex3

エアフローPROPHY flex3

細かなパウダー状にした炭酸水素ナトリウムを強力なジェット水流で歯の表面に吹き付けて本来の白さにします。喫煙をされる方、コーヒーを飲まれる方、ステイン・着色汚れに効果的です。

電動麻酔器

電動麻酔器

人の手で行う麻酔注射は圧力にムラが出やすく、痛みを感じる原因となります。 電動麻酔器を用いることで、コンピューター制御で麻酔液を一定の圧力でゆっくりと注入でき、痛みを軽減することができます。また、麻酔の量も通常の半分ほどですむため、身体への負担がより少なくなります。

高機能カメラ

高機能カメラ

治療の術前・術後に使用することによって治療計画の立案や治療・メンテナンスの経過の記録に使用しています。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

お口の中にいる細菌を生きたままの状態で観察し、細菌の量や種類を推測することができます。特に歯周病治療は口腔内の細菌によってアプローチ方法が変わるため、より的確な治療が可能になります。

光学式う蝕検出装置 ダイアグノデント

光学式う蝕検出装置 ダイアグノデント

ムシ歯を数値で測ることができる器械です。見つけにくい初期のムシ歯、奥歯のムシ歯の見落としが減り、ムシ歯の早期発見・早期治療・予防に役立ちます。 歯を削る必要性の有無を判断できるので、歯を不必要に削ることがなくなり、ごく初期のムシ歯ならば削らずに歯みがきやセルフケアだけで進行が止まることもあります。

オートクレーブ

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)

高温の蒸気によって、器具についたウイルスや細菌を死滅させることができます。 滅菌器で滅菌した清潔なものを使い、患者さんごと・使用ごとに滅菌し、院内感染防止に努めています。